太陽光発電

今回は太陽光発電の話です。

 

 

今や少し車を走らせればいくつも見かける太陽光発電の設備。広大な土地が太陽光発電のパネルで埋め尽くされているメガソーラーも良く見かけます。地球温暖化の対策として国も推進している太陽光発電。発電時に二酸化炭素も排気ガスも騒音も出さない、地球に優しいクリーンなエネルギーです。

 

 

 

 

 

 

発電量ですが、いつが一番高いと思いますか?発電量に影響があるのは日射量と温度です。

日照時間の長い季節では発電量は多くなりますが、だからといって夏場が一番というわけではありません。気温が高すぎると一般的な太陽光パネルの発電効率は落ちるので、結果的に夏場より春の方が発電量が多くなることもあります。

 

 

 

 

弊社ではここ数年、ほとんどのお客様が太陽光発電設備の設置をされております。

売電価格は下がってきていますが導入費用も年々下がっており、手が届きやすいものになってきました。太陽光パネルを「載せた人が得する」から「載せることが当たり前」になりつつあります。

 

 

 

 

発電効率をメインに考えた片流れ屋根の「SMART-CUTE」が本日お引渡しになりました。

 

このお客様はご家庭で使う分の余りを買い取ってもらう余剰電力買取制度をご利用です。ここ数年で発電した電力の全部を電力会社に売電する全量買取制度は売電価格が下がりすぎており、余程の量を載せないとなかなかメリットを感じられなくなっております。ですので、これから導入をお考えの方は余剰電力買取制度を利用するのが良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

太陽のエネルギーの恩恵をたっぷり受けて、エコで快適な暮らしが送れると良いですね。H様、おめでとうございます!!