ホームA-1GROUPの家づくり>アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

「心と体の健康住宅CUTE」で使用している無垢材は、北欧産パイン材です。

特に無垢材で仕上げたフローリングは、お手入れの方法が分からな。傷やシミが付きやすいのではないか。といったイメージを持っている人はたくさんいらっしゃるようです。

 

安心して無垢の木を使用した家に住んでいただくために、お手入れやメンテナンス方法についてお伝えします。

■無垢のフローリングのメリット・デメリット

メリット

・木の色や質感をそのまま活かすことができる

・傷が目立ちにくく、凹みなどの修復がしやすい

・塗装した無垢材と比べ、調湿効果が高い

デメリット

・汚れやシミを落としづらい

・季節により、毛羽立ちやささくれが出ることがある。


■A-1GROUPでは、お引渡しの際に“蜜蝋ワックス”をプレゼント

無垢材

“蜜蝋ワックス”は、浸透性塗料(木材の内部に浸透して保護する塗料)の一種です。

表面に硬い塗膜が形成されないため、木そのものの肌触りや質感を維持できるので、無垢材の特性を活かすことができます。

一般的な塗料と比べ、傷やシミがつき易いですが、サンドペーパーで削って補修をすることが可能です。

 

特にキッチンや洗面所など、水回りの床に“蜜蝋ワックス”を塗っていただくようにアドバイスさせていただいています。

■日常のお手入れ方法

・表面の塵やほこりは、掃除機などで取り除く

・雑巾で乾拭き(水拭きは極力避ける)

※大量に水を含んだ雑巾を使用すると、(蜜蝋ワックスを塗っていたとしても)無垢材が水分を吸収してしまい、表面の毛羽立ちや白濁の原因になる可能性があります。

■定期的なお手入れ方法

・年に1回を目安に再塗装

蜜蝋ワックスは浸透性塗料のため、塗りすぎると木材が吸収しきれなくなり、べたつきの原因や汚れがつきやすくなってしまいます。一般の住宅では、年に1回の手入れで十分です。

・キッチン周りなど、汚れが気になる場所は、半年に1度くらいのお手入れを

・保護力が安定してきたら、数年に一度のお手入れで十分

 

※蜜蝋ワックス(浸透性塗料)の場合は、お住まいになって数年間しっかりとお手入れを行うことで塗料が馴染み次第に保護力が安定してきます。

その後は汚れのつき具合によって、数年に1度にするなど様子をみてお手入れで十分です。

■凹みや傷の補修方法

無垢材

「心と体の健康住宅CUTE」で使用しているパイン材は、比較的柔らかく、凹みや傷が戻りやすい樹種です。

1.凹みや傷の上に濡れタオルを置き、アイロンを当てる。

2.この作業を、ある程度もとに戻るまで、様子を見ながら数回繰り返す。

3.乾燥した後、サンディングをかけ再塗装すると、凹みや傷がほとんど目立たなくなります。

 

※木がえぐれていたり、欠けてしまっている場合は補修を施しても戻らない可能性があります。

気になる場合はパテを使用して補修を行ってください。

A-1GROUPはすぐに対応します

アフターメンテナンス

木材は、家に姿を変えた後も生きて呼吸を続けています。

お住まいになった後に、急な温度変化や湿度変化に合うと、ヒビやゆがみを生じることがあります。

これは、無垢材を使用した家の宿命とはいえ、生活している人にとっては不安であり、ご不便を感じることだと思います。

A-1GROUPでは、「心と体の健康住宅CUTE」を一棟一棟、心を込めて建てさせていただいています。

万一にも不具合が生じないよう、細心の注意をはらっています。

しかし、無垢材が落ち着くまでは、多少の問題が生まれる可能性があります。

お住まいになってから少しでも気になることがありましたら、すぐにご連絡ください。

即日対応し、お客様に不安を感じさせることはいたしません。

 

<フリーダイヤル>