ホーム全国木の家づくりBLOG>千葉│木の家づくりBLOG

千葉│木の家づくりBLOG

上棟に謎の暗号

上棟に謎の暗号

千葉県富津市で建築している木の家の上棟式がありました。

 

木の家(木造住宅)での上棟とは、基礎の上に柱や梁などを組んで、屋根の一番上の部材となる棟木(むなぎ)を取り付けるまでの工事のことをいいます。

 

 

上棟で使う木材は、プレカット工場であらかじめ加工されたものが運ばれてきます。

プレカットは機械で行われるので、職人さんが現場で加工することに比べ、工期が短縮され、職人さんの技術による加工精度のばらつきがないというメリットがあります。

 

 

プレカット工場で加工され運ばれてきた木材は、クレーン車で吊り上げ、組み上げるべき場所に置かれると、待っていた職人さんたちが人力で組み上げてゆきます。

 

戸建て住宅の場合、上棟には約10人の職人さんたちが参加します。

職人さんたちがチームワーク良く仕事する姿は、見ていて飽きないものです。

続きを読む

建築現場はヘルメット着用です

建築現場はヘルメット着用です

千葉県富津市で建築中の木の家の上棟式を行いました。

上棟式が終わると、木の家の骨組みが出来上がるので、お施主様にも木の家の広さを実感していただくことができます。

 

上棟式が終わり木の家の骨組みが完成すると、基礎工事が終わった段階で見た印象と比べ、誰もが大きく感じるようです。

 

上棟のための工事中(もちろん上棟以外でも工事中)は、職人さんたちはヘルメットをかぶって作業をしています。

 

 

続きを読む

サッシのことは察してほしい

サッシのことは察してほしい│千葉の注文住宅

千葉県富津市のお客様と、確認申請を出す前の最終の仕様打合せをさせていただきました。

 

お客様のご要望で、リビングの掃き出し窓には3連の掃き出し窓を採用していました。

リビングの掃き出し窓をできるだけ広く開けることができるようにしたい との理由です。

 

打合せは問題なくすすみ、最後にこの掃き出し窓の話になりました。

続きを読む

下水道の深イイ話

下水道の深イイ話

千葉県長生村で新築住宅の建設計画をすすめています。

 

建設予定地は、前面道路に上下水が通っている南北に長い土地です。

道路面の長さに対し、奥行きが3倍ほどあります。

 

お客様のご希望で、出来るだけ敷地の奥に建物を配置したいとありました。

配置することに問題はないのですが、道路から離れた時に、下水がうまく流れるのか心配です。

 

続きを読む

杭がなければ悔いが残る

悔いが残る杭のない話

プランと概算の資金計画作成をご依頼いただいている戸建て住宅の建設予定地を調査を兼ねて見に行きました。

 

その戸建て住宅の建設予定地は、土地の周辺にブロック塀があり、一見して戸建て住宅の建設予定地の境界がはっきりしているように見えます。

 

しかし、戸建て住宅の建設予定地の角々をよく見てみると、境界標(杭)がありませんでした。

 

せっかく、きれいに整地されている土地なのに残念です。

続きを読む

水道は水に流せない│低価格住宅のリミッター

低価格住宅のリミッター│水道のお金

千葉県東上総地域で、総額低価格「心と体の健康住宅Cute」のプラン作成のご依頼をいただきました。

 

お施主様は、趣味でサーフィンをされている方ですが、サーフィンをするために千葉県東上総地域に移住したという、根っからのサーファーの方です。

 

プランを作成し、仮の間取りと住宅の規模がはっきりとすれば、過去の経験から、おおよその建築費はわかります。

 

おおよその建築費がわかれば、お施主様のご予算に合わせた予算配分をすることができるようになります。

 

 

続きを読む

千葉県の方から家づくりのご相談 承りました!

千葉県の方からマイホームのご相談

家づくりの相談会は、ご要望いただければ随時受け付けております。

 

先日も、千葉県にお住いの方から個別相談のお申込みをいただきました。

遠方の方で恐縮だったのですが、「心と体の健康住宅Cute」の完成物件をご見学いただく都合もあり、茨城県行方市にあるA-1GROUP本社までお越しいただきました。

 

約束させていただいた時間ピッタリにお越しいただいた相談者の方は、ご夫婦とお子様2名の4人家族です。

 

事務所でお茶を飲みながら一息ついていただいた後に、さっそく完成物件の見学をしていただきました。

続きを読む