ホームお役立ち情報>シックハウス症候群対策

シックハウス症候群対策

住宅の気密性や断熱性能が向上し、快適な室内環境が実現した半面、使用される建材などから発生する化学物質などが室内を汚染し、それによって健康に影響を及ぼすシックハウス症候群が問題となってきました。

症状は様々ですが、目がちかちかしたり吐き気や頭痛、湿疹が出る人もいるそうです。

原因は家の気密性や断熱効果が向上した事で、空気が流れず留まってしまい使用されている建材などから発生する化学物質などが室内を汚染する事に加えて、湿度が高ければカビやダニ、細菌の繁殖率も高くなっているからです。

 

また、家具やカーペット、壁紙や衣類の防虫剤などに含まれる化学物質や石油ストーブやガスストーブから放出される汚染物質もシックハウス症候群の原因物質といわれています。

より快適な生活を提供するために、気密性や断熱性能を高めたことが、住む人の健康を害する原因となってしまったのです。

A-1GROUPがご提供する「心と体の健康住宅CUTE」は、床・壁・天井を無垢材で仕上げることで、建設時の化学物質を極力使用していない住宅です。

無垢材には調湿機能があり、室内の湿度を一定に保とうとする働きがあります。その働きで、室内のダニ・カビの発生を抑えます。

また、通気工法や基礎パッキン工法を採用することで防蟻剤を使用せずに、シロアリ対策もしています。

「心と体の健康住宅CUTE」は、シックハウス症候群対策も考えた仕様の住宅です。

 

「心と体の健康住宅CUTE」の住宅性能のご質問は

>>メールでのご質問

◆シックハウス症候群に対する取組み

建築基準法による対策 

平成15年7月から建築材料及と換気設備の規制が導入されました。居室内の化学物質の発散によって衛生上の支障がでないようにするための処置です。

ホルムアルデヒドに関しては、内装仕上げの制限や換気設備の義務付け、天井裏などの制限が定められ、シロアリ対策に使用されていたクロルピリホスは使用が禁止になりました。

住宅性能表示制度による対策 

国の登録を受けた第三者機関が行う住宅性能を評価する制度です。

ホルムアルデヒドの放散量を等級で表示することや化学物質濃度の測定結果を表示です。建物を建てる前の設計段階で性能を評価し建設工事の段階で検査を行います。

建築物衛生法による対策 

平成15年4月から初まった制度で事務所や店舗のような一定規模以上の建物ではホルムアルデヒドの量の測定が義務ずけられました。

ホルムアルデヒドの等級制度による対策 

住まいに使われる建材などを調べる目安になる等級制度です。

アルファベットのエフの後に星マークが並びます。星の数が多いほどホルムアルデヒドの放散量が少なくまります。このマークと共にJIS、JASマークが付いています。

室内環境配慮マークによる対策 

室内環境配慮マークは家具などに使われる材料の安全性を見るのに使われています。家具を作るのに使用されている合板や繊維版で、接着剤がF☆☆☆~F☆☆☆☆のものでホルムアルデヒドを使用していないものに付けられているマークです。これは社団法人全国家具工業連合会による自主表示となります。

 

→ A-1GROUPでは、基本的にF☆☆☆☆の建材を使用しています。

 

◆シックハウス症候群の原因となる建材

無垢材 

木の建材にはいくつかの種類がありますが、無垢材とは、天然の木そのままの状態のもので、接着剤を使用していません。

→ 「心と体の健康住宅CUTE」は、床・壁・天井を無垢材で仕上げるのが標準仕様です。

壁紙 

壁紙の代表的なものはビニールクロスと布、和紙などです。ビニールクロスは可塑剤(かそざい)が使われているため、耐久性が高く水にも強い特徴があります。布や和紙は可塑剤(かそざい)は使用されていませんが、防カビ剤が使用されているものが多くあります。

→ 「心と体の健康住宅CUTE」は、お客様のご要望がない限り、壁紙は使用していません。

接着剤 

接着剤の中には長期間、化学物質を放散し続けるものもあります。

→ 一部、接着剤を使用していますが、一般の住宅と比べごく少量です。