· 

沖縄県の木造住宅事情

沖縄の木造住宅事情

東京都内にお住いの方から、「沖縄県で木造住宅を建てたい」というご依頼をいただいています。

このお客様は沖縄県に移住をお考えだそうです。

 

沖縄県の住宅は、ほとんどがコンクリート造(すらぶやー)だそうですが、お客様は自然派嗜好の方なので、木造の家がご希望とのことでした。

 

沖縄県の木造住宅事情はどのようになっているのか?

調べてみました。

 

沖縄タイムス・プラス(2017年10月21日)の記事を抜粋すると、

 

・沖縄県内の木造一戸建て建築戸数は、2006年に206件だったが、2016年には715件。10年間で約3.5倍になっている。

・沖縄県では建設需要の高まりから鉄筋コンクリート造の住宅建築単価が上昇しているために、低価格・ローコストで建築できる木造住宅の人気が高まっている。

・さらに、着工から完成まで最短4ヵ月程度という工期の短さも木造住宅の魅力である。

・沖縄県木材協会の嘉数尚廣専務理事は「技術の進歩で防虫、耐震対策も進み、一昔前の木造住宅とは違う。今後も需要は伸びるだろう」とみている。 そうです。

 

沖縄県では、木造住宅の人気が高くなっているようです。

 

 

沖縄に移住を考えているお客様は、沖縄に友人も多く、さまざまなアドバイスももらっているようです。

最初の打合せで言われたことは、

・シロアリ対策

・台風などの風害対策

・塩害対策

沖縄で木造住宅に住みたい気持ちは強いが、この3点が特に心配とのことでした。

(ごもっともな心配だと思います)

 

沖縄県の住宅性能や仕様などについては、調査をしなければならないこともありますが、沖縄県で木造住宅専門にしている工務店との提携もでき、適切なアドバイスももらえることになりました。

 

プランやご予算もまとまったので、これからご契約をいただき、着工に向けて具体的に動き出します。

 

<家づくりの格言>

郷に入れば郷の家