ホーム全国家づくりBLOG>東京│木の家づくりBLOG

東京│木の家づくりBLOG

上棟は、雨の日上等!です。

上棟は、雨の日上等!です

東京都渋谷区で木の家の建築を行っています。

上棟の日は、あいにくの雨。雨の日の上棟となってしまいました。

 

上棟の日が決まったら、1週間ほど前から雨の日の上棟とならないことを祈って、毎日、天気予報をチェックしています。

しかし、天候はどうしようもないですね。

 

雨風がよほど強いと延期することもありますが、多少の雨であれば、予定どおり決行となります。

続きを読む

立替えられない建替え費用

東京都練馬区の方から、家づくりのご相談をいただきました。

 

状況を確認すると、今お住いの住宅を壊して新築をお考えとのこと、いわゆる建替えです。

 

建替えする今のお住まいや土地、周辺の状況などを確認してから、具体的な打合せをした方が良いだろうと、ご相談者のお住まいにうかがうことになりました。

続きを読む

1つでも3路とはこれいかに

東京都渋谷区のお客様と電気配線の打合せをしました。

間取りプランが決まったので、照明のスイッチの位置やLAN配線についての打合せです。

 

電気配線の打合せは、ご提案となる配線図を作成し、その配線図をもとに打合せを行います。

 

照明のスイッチの位置を一つ一つ確認したところ、階段のスイッチのところで、

 

「ここのスイッチは階段の照明だけのはずなのに、『3』と書いてある。スイッチが3つ付くのか?残りの2つのスイッチは何のスイッチなのか?」

と、質問がありました。

 

続きを読む

なぜにあなたはロフトが欲しいの?

渋谷区の注文住宅,ロフト

注文住宅のプランを作成するときに、お客様からご要望をヒアリングします。

その時に、「できればロフトが欲しい」というご要望が良くあります。

 

ロフトとは、屋根裏部屋のことをいいます。

似たような部屋として、「グルニエ」がありますが、グルニエは屋根裏を利用した収納スペースのことをいいます。

対して、ロフトは天井高を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースのことをさします。

主に、物置き・書斎・アトリエ・子供部屋などに利用されます。 

 

 

続きを読む

狭あい道路、使わせるか?寄付するか?

狭あい道路

渋谷区で注文住宅の建設をするために建築確認申請を出したところ、「狭あい道路の協議がされていない」と指摘されたことがあります。

 

狭あい道路(狭隘道路)とは、法律上の定義はないそうですが、行政(都道府県・市町村)が使用する場合は、主に幅員4m未満の2項道路を指しているのだそうです。

国土交通省の補助事業(狭あい道路整備等促進事業)では、建築基準法第42条第2項・第3項の指定を受けた道路(2項道路・3項道路)、未指定の通路などを狭あい道路としています。

自治体によっては細街路とも呼ぶこともあるそうです。

 

簡単に言えば、人や車が日常 通っている、道幅が4m未満の細い道路のことです。

続きを読む